子供さんの名づけで気を付けるところ

これらのポイントを大切にして名づけよう

バランスは考えよう

ここまで読まれてみて、名づけのだいたいの流れや仕組みやポイントなどはご理解いただけたであろうと思われます。
ですが、どんな名前にしようともなにがなんでも忘れてはいけないポイントがあるのはご存知でしょうか。

それは、名字とのバランスです。
いくらその子のイメージにあっている可愛らしいとかきれいな名前が出来上がったとしても、外で名乗るのはほとんどがフルネームでということになっています。
そうなった際に、例えば似たような漢字ばかりだとか画数が多くないか少なくないかとか書くのが難しい漢字ばかりではないかというのもよくチェックしないといけない箇所であります。

ちなみに、名づけの際に運勢も気になるので姓名判断もチェックするという方もいらっしゃることでしょう。
ですが、姓名判断はあくまでも占いなので、肝心の運勢は参考程度に捉えておくのがいいと思われます。

名前の読み方

誰かの名前を見た際に、ほとんどの人が気になるのがその読み方ではないでしょうか。
ひらがなやカタカナのように誰でも読める文字なら問題ありませんが、漢字でしたら読み方が結構気になるポイントです。

基本的には、名前の読み方自体はどんな読み方でも自由です。
ですが、出来れば家族以外の第三者がきちんとすぐに読めるような読み方にしておくのがいいでしょう。
でないと、いろんなところで間違った名前で呼ばれたりして結構気まずい思いをしてしまったりします。

また、書き方や読み方が元々複雑だったり難しい漢字を使用していると、自分で名前を書いたり人にその漢字を説明するのに時間がかかるので、あまり凝った漢字は避けた方が無難でしょう。


シェアする

B!