子供さんの名づけで気を付けるところ

名前はこうやって決めてみよう

イメージや響き

ほとんどの日本人には、漢字を使用した名前が付けられています。
その漢字を決めるのも、いろいろ頭を使ったり悩んだりすることがこれからあり得るでしょう。

と言いますのも、漢字自体にもさまざまなイメージが存在しています。
例え一文字でもいろんな意味が込められています。
そんな漢字をそのまま使うと、漢字が持っているイメージが直接その本人のイメージになるなんてこともよくあります。

また、名前の音の響きや呼びやすさも重要になっています。
ちょっと耳にしただけでもきれいな雰囲気になる名前や、初対面の人にも気軽に呼べるような名前がそれにあたります。
そういった名前なら、お友達にも親しまれそうだし、本人にも気に入ってもらえること間違いなしでしょう。

生まれた季節から決めるのもいい

これはよくある名前の決め方ですが、その子が生まれた季節やその時期のお花や植物から取るということです。
そこからイメージをふくらませてから決めてみるというのも手でしょう。

例えば、その子が春に生まれたのであれば、明るいイメージの名前や春のお花の名前を付けてみる、夏に生まれた子はさわやかなイメージかその時期の植物の名前を付けるというのもよくある名づけ方法です。
そうやって付けると、すぐにその子が生まれた季節が連想されますし、さらには響きもよく感じられます。

もしくは、その子が生まれた季節をそのまま名前に組み込んでしまうというのも、子供さんのイメージが広がっていきますので、これも一つの方法ではないでしょうか。


シェアする

B!