子供さんの名づけで気を付けるところ

これで悩まない!子供さんの名づけに重要なこと

生まれてからなるべくすぐに

いざ子供さんの名前を付けようと思ったのはいいけど、実はこういうルールがあったのはご存知でしょうか。
このさまざまなルールを覚えておかないと、後々大変なことになってしまうので忘れないようにしておきましょう。

まず、子供さんが生まれたら役所に出生届というものを提出しないといけないのですが、それにはきちんとしたリミットが存在しています。
それは、生まれて14日以内なのです。
なので、そのときにも子供さんの名前も届け出ないといけなくなります。

また、一言で14日以内と書いていますが、正確には出産の日を含めて14日以内ということになっています。
そのため、出来れば名前は子供さんがお腹の中にいる時点で決めておいて、後は提出するだけということにしておくのがそんなに焦らない方法かもしれませんね。

よくある文字を使うように

ここ数年では、いわゆるキラキラネームというちょっと変わった名前がたくさん増えてきています。
確かに、どんな名前を付けるのは自由ですが、ではどんな文字を使うのが定番なのでしょうか。

子供さんの名前には常陽平易な文字を使うようにというルールが実は存在しています。
これは戸籍法という法律で決められていますので、絶対に守らないといけません。
そこさえ守っておけば、まずだいたいの名前は役所でセーフになります。

もちろん、その逆の使えないまたは使ってはいけない文字もあります。
一例を挙げますと、アルファベットや数字や記号、さらには常用や人名用ではない漢字がそれになります。
よくハーフの子供さんで英語の名前を付けようとされる親御さんもいらっしゃいますが、この場合はカタカナ表記いうことになってしまいます。


シェアする

B!